2008年07月13日

仙台四郎

無事にブロブ移転も終わり最初の日記ですので縁起のいい話をとおもい

以前「縁起物」の記事で少しふれました「仙台四郎」さんについて書く事にしました

仙台四郎 画像拝借 仙台四郎の謎

仙台四郎(せんだい しろう 1860年〜1902年頃)は、江戸時代末から明治時代に仙台(仙臺)に実在した人物で本名は芳賀四郎
鉄砲職人の家庭に4番目の子として生まれ、明治35年頃47才で死去されたと仙台市歴史民俗資料館(仙台市榴岡公園内)に記録が残されているそうです。
上の写真は30才頃の写真といわれています。

知能障害で話すことができなかったが、
生まれつき智恵おくれだったわけではなく、7歳の頃に広瀬川に落ちて流され、意識不明になった時から知能の発達が遅れたようです。

四郎が訪れる店は繁盛するとして存命中から各地でもてなされましたが、
ずるい人や意地悪な人が福をもらおうといくら招いても、見向きもせずそういう店には福がこなかった。

純粋な心の持ち主ゆえに本能的に、いい人悪い人を見分けていたんですね

没後、商売繁盛の福の神としてその写真が飾られるようになりました。

 


著者: 丘 修三, 村上 豊; ¥1,835

 
福の神 仙台四郎のなぞ―不況を吹き飛ばすという
著者: 粟野 邦夫; ¥1,980 


不思議な福の神「仙台四郎」の解明―その実在と世界の分析 なぜ御利益は必ず訪れるのか!?
著者: 大沢 忍; ¥1,777
posted by 寧 at 07:44| | 更新情報をチェックする

2007年10月20日

数字の不思議

昭和33年3月3日に生まれた人は
   平成3年3月3日に33才になる!?

via コトノハ
タグ:3 不思議
posted by 寧 at 13:48| | 更新情報をチェックする

2007年09月11日

トリックアート・ドラゴン





PDFこちらでDLできます
posted by 寧 at 03:48| | 更新情報をチェックする

2007年04月29日

宇宙は果てしない!

Gliese.jpgこの24日に欧州南天天文台(ESO)が太陽系惑星の中で「最も地球に似た惑星」を見つけたと発表されてましたが

この惑星は天秤座の方角の、地球から20.5光年離れた場所にあるらしい
←これは予想図で赤いのは赤色矮星で地球の太陽のようなものらしい



asahi.com:「最も地球に似た惑星」欧州の天文台発見 表面に岩や海-サイエンス

この「Gliese 581」と名付けられたこの惑星に行くには、現在の技術で何年かかるのか「GIGAZINE」のサイトで計算されたところ

な、なんと!!
35万4620年程かかるらしい

人類が「最も地球に似た惑星」へ行くには何年かかるのか?-GIGAZAINE

三十五万年ってどれくらいなのか私には想像もできないけど
私は絶対に行く事は出来ないという事だけはわかる。

で、という訳ではないけど「GIGAZINE」さんの記事の中に

NASAが毎日美麗な画像を提供する「IMAGA OF DAY」

で紹介されてた宇宙の画像でも眺めることにします


NASA IMAGE OF THE DAY ARCHIVE
タグ:Gliese 581 宇宙
posted by 寧 at 05:51| | 更新情報をチェックする

2006年04月02日

桜って不思議

家の近くに桜の名所がある

ある年
もう咲くころだろうと散歩をかねて見物に行ったが
残念ながらちょっと早かったようで
どの桜も1~2分咲きといったところだった

がっかりしながら歩いていると
1本だけ今を盛りと咲いている桜があった

その桜は私の目に燦然(さんぜん)と輝いて見えた
しばしその美しさを観賞して

ここは日当りがいいのか?
それともひときわ大きい木だから早いのかなんて考えながらも

「ああ来てよかった」と満足しつつ帰路についた

1週間ほどしてまた行ってみると
他の桜も満開でちょうど見頃になっていた

あの桜はまだ咲いてるかな
と思いつ歩いていくと

咲いていた!
なぜかほっとしながら近づいて行くと

花びらが急に舞いはじめた
風もないのに
上を見上げても枝も揺れてないし
不思議な気持ちで
その前にさしかかった時にはひときわ激しく舞った
まさに花吹雪だった

その様子を見ていた人が思わず「ぅわ〜」と驚いていた
そして私が通り過ぎたあと
うそのようにピタっととまった
花びらが散るのが

まるで意思をもって散らしてたように..

あれはいったい何だったんだろう
人間には感じられない風が上の方で吹いていたんだろうか

それとも
まだ訪れる人少ない時に行って
その美しさに感動した私への別れの挨拶だったのか

桜には感情がある
このとき以来私はそう思っている
posted by 寧 at 07:45| | 更新情報をチェックする

2005年12月08日

仏像のパンチパーマ

仏様はどうしてパンチパーマなのか

実はあれはパーマではなく
瞑想の達人になると
あの「こぶ」のようなかたまりがぶつぶつと出来るらしい

でも実際にあんな頭のお坊さんをいまだ見た事はない

無になるという事は実に難しい
人は雑念のかたまりである
「無」・「無」と思うとよけいいろんな事が脳裏に浮かぶ

それをのりこえていい感じになってきた頃には
足が痛くなってきたりして うまくいかない

変にかまえず 
ぼーッと気持ちのいい環境にしておくのがいいかなと考え
やってみたら

寝てしまった。
posted by 寧 at 03:46| | 更新情報をチェックする

2005年10月05日

トンネル

かって話題になった
ピラミッドパワーはどうなったんだろう
最近はあまり聞かなくなった

たしかに異空間というか
そこにはいったとたん
何かが変わるような場所が存在する

よくあるトンネルの話だが
そこに入ったとたん
サーっと血の気がひいた

まあ 
入る前から草木が生い茂り
なんとなく不気味な感じはあったが

そして長く
時間も暗くなりかけの夕方という設定もあった 

いままで通ったトンネルで
あんな恐怖を感じた事はなかった

横には国道がとおり車がビュンビュン走っているのに
すぐ横のこのしずけさ...

あとで聞いた話だが出るらしい
私はあってないが.....
タグ:トンネル
posted by 寧 at 21:34| | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。